盗難に備える保険について

車を所有して運転する人は、強制加入の自賠責と任意加入の自動車保険に加入します。
 任意加入は、加入自体文字通り任意ですが、自賠責は自己で他人や物を傷つけてしまった場合の補償であるの対し、自分の車や体を守るために加入します。

 任意加入の場合は補償内容によって掛金が変わります。
車本体の補償については自分で車庫入れに失敗したり、単独事故を起こした場合や、当て逃げ被害など、相手が特定できない場合の補償を一般条件といいます。
これに対して、事故の相手がいる、いわゆる”交通事故”についてのみ補償するエコノミー条件(会社によって名称はかわります。車対車と呼ぶこともあります)、火災や盗難、いたずらの被害の補償を限定A(エコノミー条件同様、呼び名は変わることがあります。前記の補償と合わせて、車対車+Aと呼ぶこともあります)といいます。

 事故の確率が高い一般条件を付けると掛金も上がりますが、エコノミー条件や車対車+Aならば掛金は節約することができます。
 外資系やネット損保など、条件を細分化して掛金を節約することができますが、必要な補償を漏らさないように注意しましょう。自動車販売店などの対面の代理店なら、特約についてのアドバイスも受けられます。

Comments are closed.