盗難防止装置をつける事

昨今、海外ほどではありませんが日本でも車上荒らしや盗難の被害が増えています。
以前であれば高級車が被害に遭うことが多かったのですが、現在はどのような車種の車でも被害に遭う可能性は高くなっています。
その背景には、多くの車にカーナビやカーオーディオなど換金しやすい装備が備わっていることや、高級車ではない車は車上荒らしや盗難などの対策を講じていないことが多いからです。
また自宅に駐車場がなく、自宅から少し離れた月極駐車場に車を置いている人が多いのも理由の一つといえるでしょう。
こうした犯罪はなかなか解決が難しく、被害者は泣き寝入りをしてしまうというケースも少なくありません。
またどれだけ注意を払っていても、自分の目の行き届かない時に狙われたら防ぎようがないのです。
そのため、自衛策を講じておくことが犯罪被害に遭わないために重要だといえます。
効果的なのは盗難防止装置を車両につけておくことです。
装置には様々な種類があり、衝撃に反応して警告音を発するタイプや、光で精神的に犯人を威嚇するタイプ、またハンドルを動かなくして車両盗難を防ぐタイプなどです。中にはセキュリティが発動したら、異常を知らせてくれる高機能な装置もあります。
こうした装置を取り付けておくことで、ある程度の犯罪を防ぐことは可能といえるでしょう。
また人通りの少ない駐車場の利用を避けたり、車内にあまり物を置かないようにするなど、自分で注意を払うことも重要です。

 

Comments are closed.