車両保険って?

車両保険とは、事故や運転時以外などで自分の車に損害を負った場合に、その修理費などを保障してもらえる保険です。
保険会社の調査ではこの保険に加入されているお客様のうち、およそ62%(実に10人に1人)の割合で、1年の契約期間中に保険を利用しているというデータがあるほど、愛車の損害事故というのは起こっているのです。
では、この保険はどのような場合に補償されるのでしょうか?
補償内容として、「他車との衝突」・「単独事故」・「当て逃げ」・「火災や台風などの災害」・「盗難事故」などに補償されます。種類として、これらを幅広く補償する「一般条件」と、「必要な補償のみを組み合わせた保険」があります。
例えば、盗難・落書き・落下物による損傷・火災・浸水などの、交通事故以外の災害時に補償してくれるのが、「限定A=車両危険限定担保特約」です。限定Aの「A」とはAccidennt=アクシデントの意味です。
近年、海外に向けて高級車の盗難が多発している背景もあり、新車購入者が車両の保険に加入する割合は、初年度登録年月から3年以内において、実に79.0%の方達が加入されているというデータも出ています。
保険金額は、契約した車の市場販売価格によって定められます。

Comments are closed.