身の回り品補償特約について

自動車を運転していると交通事故を起こしてしまう場合があります。その時に、相手の方に重い後遺症が残ったりすると、多額の治療費が必要になってしまいます。万が一相手が死亡してしまうと、億単位での賠償金が科せられてしまうこともあります。
特に、相手の体や車に関しては、事故の状況によって支払う義務が生じますので、任意の対人・対物賠償責任保険に加入している人は多くなっています。
自動車保険にはそういう最低限必要な保険は良く知られていますが、特約として付けられる「身の回り品補償特約」というものもあります。車内やトランクに置いておいた物、キャリアに固定しておいたもの(身の回り品)が破壊してしまった場合、その身の回り品の損害について保険が支払われるという特約です。
身の回り品とは、個人が所有し、日常生活で使用するものを指します。
特約が適用されるのは、他車との事故や火災・水害などで身の回り品が故障・損壊した場合に適用されます。
その際に、修理費または減価償却分を差引いた額を算出して支払われます。
補償の上限金額や免責額は保険会社によって異なり、また、盗難による被害についても補償される場合と、補償されない場合があり、保険会社によって異なります。

Comments are closed.