Archive for the ‘未分類’ Category

盗難防止装置をつける事

昨今、海外ほどではありませんが日本でも車上荒らしや盗難の被害が増えています。
以前であれば高級車が被害に遭うことが多かったのですが、現在はどのような車種の車でも被害に遭う可能性は高くなっています。
その背景には、多くの車にカーナビやカーオーディオなど換金しやすい装備が備わっていることや、高級車ではない車は車上荒らしや盗難などの対策を講じていないことが多いからです。
また自宅に駐車場がなく、自宅から少し離れた月極駐車場に車を置いている人が多いのも理由の一つといえるでしょう。
こうした犯罪はなかなか解決が難しく、被害者は泣き寝入りをしてしまうというケースも少なくありません。
またどれだけ注意を払っていても、自分の目の行き届かない時に狙われたら防ぎようがないのです。
そのため、自衛策を講じておくことが犯罪被害に遭わないために重要だといえます。
効果的なのは盗難防止装置を車両につけておくことです。
装置には様々な種類があり、衝撃に反応して警告音を発するタイプや、光で精神的に犯人を威嚇するタイプ、またハンドルを動かなくして車両盗難を防ぐタイプなどです。中にはセキュリティが発動したら、異常を知らせてくれる高機能な装置もあります。
こうした装置を取り付けておくことで、ある程度の犯罪を防ぐことは可能といえるでしょう。
また人通りの少ない駐車場の利用を避けたり、車内にあまり物を置かないようにするなど、自分で注意を払うことも重要です。

 

夜、明かりがなく人通りがない駐車場の契約は避ける事

一戸建てやマンションに暮らしていても、車を停める場所がなくて外に駐車場を契約している人は多いはずです。また、駅まで遠い馬場所に自宅があり、駅の近くで契約している人もいるでしょう。
このような場合、選ぶ時にはポイントがあります。まず、明かりがあるかどうかということです。その駐車場自体に明かりがあるかどうかを、しっかりとチェックします。もしもない場合でも、すぐ近くに防犯灯などがあり、煌々と照らされている場合は良いです。出来ることなら夜に確認するようにしましょう。また、夜中の12時をまわると消灯される事もあるので、注意が必要です。
そのほか、人通りが夜にないような場所も避けた方が良いでしょう。車上荒らしにあう可能性がありますし、駅の近くの場所に停めている場合など、自分自身が被害にあう可能性もあります。夜も人が通り、明るい場所を選んでおいた方が良いです。
しかし、そのような好条件の場所に駐車しているからと言って、安心してはいけません。車内にはスペアキーを置いておかないように気をつけましょう。最近はキーがなければ全くエンジンがかからない車が多いです。しかし、それもスペアキーが車の中に置いてあれば、どうすることも出来ません。車を守るための対策をきちんと行うようにしましょう。

自動車内に、現金や貴重品、鞄などを載せたままにしない事

車で出かけていると、喉が渇いた時には、コンビニなどに立ち寄ることもあるでしょう。
コンビニで飲み物を購入する時間というのは、ほんのわずかな時間ではあります。
しかしこの時にでも、車の中には貴重品を置いておかないようにしなくてはなりません。
例えば、小銭だけを持って買い物に出て、鞄や現金貴重品などを車の中に置きっぱなしにするというのはとても危険です。
ほんのわずかな時間だけだったとしても、その間に盗まれてしまう事がないとは言い切れないからです。
実際にそんなわずかな時間だけだと思って車に鞄を置いていた人が、盗まれている人だっているのです。
ですので、いくら鍵をかけた状態だったとしても車から出る時には必ず持ち歩くようにしておきましょう。
もしもそういったものを車の中に置いていることによって、盗まれる可能性が高くなるからです。
そしてその時には、車の鍵も壊されてしまうようなことになるかもしれませんので、車自体も傷つけられてしまうかもしれないのです。
そんなことになってしまえば、修理費も必要になってしまいますので、油断は禁物です。
どんな時にでも車の中には荷物を残さないようにしておくのが安全への道と言えるようになるでしょう。

スペアキーを車内に置かない事

車のキーを紛失したり損傷させたりすると、たちまち困ってしまいますので、ほとんどの人はスペアを用意していることでしょう。
万が一の時には、結構、役に立つものです。
ただし、気をつけなければならないことがあります。
それは、スペアキーは車内に置かない、ということです。
車上荒らしの泥棒がスペアを見つけて、そのまま車を運転して逃げていってしまうことがあるからです。
とりわけ、海外で人気が高い車種が被害にあうケースが多く、おそらくは、海外へ不正輸出を行っている組織的な窃盗団による犯行だと見られています。
単に車が盗まれるだけならともかく、他の犯罪を引き起こされる恐れもあります。
盗難車がもし悪質な事件に使われた場合、車両のオーナーの管理者責任が問われる場合もあります。
よく、車の中に現金や貴重品を置いてはいけないと言われています。
このことは、比較的、守られているようですが、スペアの鍵に関しては、油断が見られます。
車の中でなくとも、バンパーの下に貼りつけたりしている事例もありますが、犯人にしてみれば、おおよその隠しどころは見当がついていますので、すぐに見つかってしまうのです。
決して、車のスペアのキーは車内には置くべきではありません。

自動車から離れるときは必ずロックする事!

自動車を駐車したり、或いはお店や自動販売機にちょっと買い物に寄るだけの場合でも、必ずドアロックをすることが大切です。車内に金品をおいたままにしていたり、車そのものを盗まれるような被害は、その原因がドアロックをしていないことによるものが殆どです。しかも、わずか数分だと思って、ドアロックをせずに、中にはエンジンも停止せずに道路脇に停車して、その場を離れて被害に遭った件数も多いのです。
車内に泥棒が狙いそうな現金や貴重品、それにカバンやバッグなどを放置したままで、ドアロックもせずに車を離れるということは、泥棒にどうぞ盗ってくださいと言っているようなものです。自分のお金や貴重品が盗まれることは大変なことですが、これが会社の帰り道や、取引先に行った帰りなどの場合になるともっと大変です。自分の会社や取引先の資料を盗まれたりすると、重い処分を受けたり、取引先から損害賠償を求められたり、最悪の場合仕事を失ったりします。
たかが数分離れるだけだからと安易に考えずに、車から離れる時にはドアロックを確実にすることが大切です。また、暑い夏の時期には、窓を少し開けてドアロックをする人もいますが、泥棒はそのような隙間からロックを外すことができますので、必ず窓も閉めた状態でドアロックをすることが大切です。

盗難への対策について

車の盗難対策をしっかりしておかないと後々後悔します。カーナビを盗まれる可能性もあり車種については問わないと言っても過言ではありません。高価なカーナビが装着されている車であれば、被害に合う可能性があります。その防止策としてある程度、自衛する事が大切です。方法としてはハンドルをロックする方法。こちらは物理的にハンドルを固定し車自体を動かせなくする方法。例えばエンジンが掛かるように工作されても走らせることができません。アラームを設置する方法もあります。センサーを設置しセンサーを妨げるような状態になるとアラームが作動するシステムです。音量も大きく盗もうとする人を脅かす効果があります。何事かと近隣の住人が出てくるかもしれません。大音量で住宅がいでアラームが鳴っている中、堂々と盗もうとする人はいません。ですから対策としては効果ある方法です。デメリットとしては誤作動もあることです。人間以外の動物に反応する事もありますから注意が必要です。費用対効果は見込めますが高価であるのもデメリットの一つです。オプションもありますからこれらを含めるとなると結構な高額になることでしょう。しかし、安心感を得られる方法はこのほか無いです。

身の回り品補償特約について

自動車を運転していると交通事故を起こしてしまう場合があります。その時に、相手の方に重い後遺症が残ったりすると、多額の治療費が必要になってしまいます。万が一相手が死亡してしまうと、億単位での賠償金が科せられてしまうこともあります。
特に、相手の体や車に関しては、事故の状況によって支払う義務が生じますので、任意の対人・対物賠償責任保険に加入している人は多くなっています。
自動車保険にはそういう最低限必要な保険は良く知られていますが、特約として付けられる「身の回り品補償特約」というものもあります。車内やトランクに置いておいた物、キャリアに固定しておいたもの(身の回り品)が破壊してしまった場合、その身の回り品の損害について保険が支払われるという特約です。
身の回り品とは、個人が所有し、日常生活で使用するものを指します。
特約が適用されるのは、他車との事故や火災・水害などで身の回り品が故障・損壊した場合に適用されます。
その際に、修理費または減価償却分を差引いた額を算出して支払われます。
補償の上限金額や免責額は保険会社によって異なり、また、盗難による被害についても補償される場合と、補償されない場合があり、保険会社によって異なります。

車両保険って?

車両保険とは、事故や運転時以外などで自分の車に損害を負った場合に、その修理費などを保障してもらえる保険です。
保険会社の調査ではこの保険に加入されているお客様のうち、およそ62%(実に10人に1人)の割合で、1年の契約期間中に保険を利用しているというデータがあるほど、愛車の損害事故というのは起こっているのです。
では、この保険はどのような場合に補償されるのでしょうか?
補償内容として、「他車との衝突」・「単独事故」・「当て逃げ」・「火災や台風などの災害」・「盗難事故」などに補償されます。種類として、これらを幅広く補償する「一般条件」と、「必要な補償のみを組み合わせた保険」があります。
例えば、盗難・落書き・落下物による損傷・火災・浸水などの、交通事故以外の災害時に補償してくれるのが、「限定A=車両危険限定担保特約」です。限定Aの「A」とはAccidennt=アクシデントの意味です。
近年、海外に向けて高級車の盗難が多発している背景もあり、新車購入者が車両の保険に加入する割合は、初年度登録年月から3年以内において、実に79.0%の方達が加入されているというデータも出ています。
保険金額は、契約した車の市場販売価格によって定められます。

盗難に備える保険について

車を所有して運転する人は、強制加入の自賠責と任意加入の自動車保険に加入します。
 任意加入は、加入自体文字通り任意ですが、自賠責は自己で他人や物を傷つけてしまった場合の補償であるの対し、自分の車や体を守るために加入します。

 任意加入の場合は補償内容によって掛金が変わります。
車本体の補償については自分で車庫入れに失敗したり、単独事故を起こした場合や、当て逃げ被害など、相手が特定できない場合の補償を一般条件といいます。
これに対して、事故の相手がいる、いわゆる”交通事故”についてのみ補償するエコノミー条件(会社によって名称はかわります。車対車と呼ぶこともあります)、火災や盗難、いたずらの被害の補償を限定A(エコノミー条件同様、呼び名は変わることがあります。前記の補償と合わせて、車対車+Aと呼ぶこともあります)といいます。

 事故の確率が高い一般条件を付けると掛金も上がりますが、エコノミー条件や車対車+Aならば掛金は節約することができます。
 外資系やネット損保など、条件を細分化して掛金を節約することができますが、必要な補償を漏らさないように注意しましょう。自動車販売店などの対面の代理店なら、特約についてのアドバイスも受けられます。